アフィリエイトで稼ぐには、最低3ヶ月は必要です

アフィリエイトで1ヵ月300万円稼ぐ人もいる

インターネットが普及した現在、本業だけでは厳しい時代になっています。
副業を始める人も増えて、給料以外で稼ぐ人もいるようです。
例えば、「アフィリエイト」も副業の一つで人気のネットビジネスです。
比較的簡単で誰でも行えるなど、魅力はあります。
パソコンを購入した人は、最初に始めてみようと思うのがアフィリエイトです。

記事を書き、広告を貼り付けて利用されれば、広告収入が得られます。
しかし、アフィリエイトは簡単な分、楽に考えている人がほとんどです。
現実は、厳しくアフィリエイトで1ヵ月1万円以上稼いでいる人は全体の10%になります。
90%の人は、「1ヵ月0円から5000円」ぐらいです。
この数字を見れば、甘くないネットビジネスと言えるでしょう。

でも、裏返せば、100人の内10人は稼いでいる事になります。
個人で、1ヵ月100万円から300万円稼いでいる人もいます。
決してアフィリエイトは、全く稼げない訳ではなく10%の中に入れない理由があるだけです。
まず、1番の理由として「記事数が少ない」事が挙げられます。

稼げない人の多くは、記事を書いても1ヵ月から2ヶ月程度で辞めてしまうはずです。
アフィリエイトは、最低3ヶ月は毎日記事を書いて続ける事が大事です。
そして、記事の文字数も500字から1000字は書いて行く努力が必要になります。
何の記事を書くかは、重要なポイント

アフィリエイト広告の利用者は、気になったり使いたくなる事で利用します。
稼げない人は、記事の内容やキーワードが今一つヒットしないようです。
アフィリエイトで稼ぐには、1ページから2ページに自分の記事などが載らないと広告の利用は難しいです。
そのためには、ありふれた記事内容ではなく人と違う内容が望ましくなります。

例えば、広告収入が高い「出会い系サイト」は、魅力的です。
1回の利用で2000円ぐらい入ってくるなど、高収益になります。
出会い系サイトの広告収入を狙うには、一般人が利用したくなる記事内容が必要です。
まず、キーワードに注目すると、「題名」に惹かれるような言葉を入れてみます。

「出会い系サイトで知り合った40歳の人妻は、舐め好きな変態女だった」
「60歳の俺が出会い系サイトで20歳の可愛いギャルと朝までエッチした」

など、個性的なキーワードを題名に入れてみましょう。
そして、記事内容は、詳しく深いエッチ体験談などが一般人の目に止まりやすいです。
女性のヌード写真や顔などを載せて置くと、効果は高まります。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*